私は謎の古本屋さんⅡ

毎晩寝る前のレディコミが幸せな時間です

Entries

辛い

色あいが美しく、かわいらしいイラストなので図書館で借りてみたら面白かった。

藤堂志津子さんの独女日記。

1、2、3巻といっきに読みました。









小さくのっている動物が猫かと思ったら犬でした。


1巻で、藤堂さんの知り合いが自死されたという一節がありましたが、
病気でお金がなくて、

「あのまま生きていても辛いとこばっかりだったろうね」

と、知り合いは思うのだ。

なんか、身につまされる。

長いこと生きているけど、
楽しいことや嬉しいことよりも、
辛いことが多くて、
ここ2年くらいは本当に精神的に辛い。


苦しいっていうことを身内にまったく言えないのがキツイ。

努力が足りない。
人は変えられない。
金がないなら働け。
自分のことは自分でなんとかしろ。

そんな風に言われ続けてきた。
確かにそれは正論だけど、
甘えたことも、
弱音も吐けないの?私。



子どもの頃から、
生きているのが辛くて、辛くてたまらなかった。

給食食えない、
勉強できない、
運動できない、
いじめにあう。
親にかまってもらえない。

子ども時代からわりと孤独でした。
(今でも孤独)



ばーちゃんが死んだら私も死ぬわと思っていた。

もう、何もかも放り出してしまいたい衝動にかられるこの数日間です。






人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

夏でも冷え性

Author:夏でも冷え性
古本屋の仕事以外にも、
いろいろあって忙しいんですわぁ~。

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30