やっと

古本屋の仕事をし始めてからはや10年。


やっと田舎に帰ることにしました。


10年ぶりに両親と死んだばーちゃんに会えます。


今、一面の雪の景色の中に佇んでいるような気分です。

清々しいです・・・。



雪
(2013/10/21)
中谷 宇吉郎

商品詳細を見る


生きているうちに田舎に帰れるとは思っていませんでした・・・。

楽しいこともあり、

ツライこともありの

古本屋としての10年間でした。


私にこんな人生を与えてくれたあなたに感謝します。

スポンサーサイト

Re: No title

私にとって出来る最後の仕事が古本屋さんでした。

時々しんどくてやめてしまいたいと思いますが、
なかなかやめない、やめられない。
私には他に出来ることがないのです。

もっと若かったら、
この犬なみの嗅覚を生かして
調香師とか・・あこがれるなぁ・・。



> 古本屋さんをやめてしまうのですか?

Re: No title

すいません、コメントに気がついていませんでした。
田舎には急に思い立って速攻で帰ってしまいました。
帰るというてもずっといるわけではなく、
ずっとしたかった墓参りと寺参りと、
両親の様子を見ることでした。
10年も会っていなかった両親があまりに
年寄りになっていてすごくショックでした。
(シクシク・・・)



> こんばんは。実家にもどられるんですね。もう、古本屋さんはやめてしまうのでしょうか?ブログもやめてしまうのでしょうか?そうだとしたら、ちょっと淋しいです。
>
> 最近はお体がつらそうだったので、ブログを読む方もつらかったです。
>
> でも、元気になられてまた、不埒な落札者に毒をはいてください。
>
> 「これでもくらえ!」の謎の古本屋さんが好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夏でも冷え性

Author:夏でも冷え性
古本屋の仕事以外にも、
いろいろあって忙しいんですわぁ~。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
リンク