FC2ブログ
2015.10.12 美しい日本語
最近、言葉について考えてるワタクシ。

お風呂の中でアンアンを読みつつ、
この号はためになるなぁ~と思いました。



手紙の書き方、敬語の使い方、
杏ちゃんオススメの本も掲載されております。

日本語は書くのも喋るのも難しい。

私はいつも思っております。

「人を生かすのも言葉」

「殺すのも言葉」

物も言いようで角が立つと昔からあるように、
言葉によって人間関係が穏やかでなくなることも
あるのでございます。

常日頃から自分の発言には気をつけなくてはと重々承知はしておりますが、
図書館で借りた本の表紙にこうあった日には、
市立図書館あてに電話せずにはおれなくなりました。

KC4H01340001.jpg

97ページから112ページまで抜けてます。

抜けているにもほどがある。

そんなに抜けていたら、
小説だって、漫画だって意味わからなくなることぐらい、
簡単に推測出来そうなものを・・。


で、図書館の担当の人に言うてしまいました。

「1円でアマゾンで売ってありますので、

どうぞ買って下さい」

「こんなに抜けが多いものは・・」

「本としての体裁さえございません」

絶対、嫌味なおばはんが文句言ったよ・・・

って思われたろうなぁ~。




図書館の本といい、
レンタルのDVDといい、
自分のものじゃなければ平気で傷つけまくる人の多さに辟易します。




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト